梅雨は身体のむくみがひどくなりイライラを引き起こす

梅雨には身体の全体のむくみがひどくなる時期です。
梅雨のむくみとイライラを引き起こす原因は気候が関係しています。
低気圧によって副交感神経が優位になりすぎてしまい自律神経が乱れて身体が休みモードに切り替わっていてだるさややる気がでないなどの症状が出やすくなり、イライラしがちです。
だるくてやる気がでないと行動力が低下し、血流悪化を引き起こしてしまいます。
低気圧によっても血流が悪くなってしまい、むくみや手当の冷えなどのトラブルも増加します。
梅雨は外出できずに運動不足になってしまいます。
長時間椅子に座った作業をしていると筋肉も緊張させて血流が悪くなります。
デスクワーク中心に仕事をしている場合には首を左右に大きくまわしたり、両肩を前後に大きくまわしたりとこまめに身体を動かすと血流が良くなります。
肩や首、腰回り、太もも、ひざの裏には血管が密集しているポイントです。
ポイントを温めると効率よく温まり血流促進に役立ちます。
余分な水分を排出させる利尿作用があるはとむぎや黒豆、空豆などを利よしたり、余分な熱を冷ます緑豆や豆腐、きゅうりなど、身体を温めるねぎやしょうが、パクチーなどを積極的に利用します。